歯列の不正による
さまざまな悪影響

歯列不正は、身体全体に様々な悪影響を及ぼしている可能性があります。
歯並びの悪さは、見た目やかみ合わせが気になるだけではなく、 背骨がゆがんだり、頭痛や腰痛、肩こりなどを引き起こすと言われています。

頭痛、腰痛、肩こり

成人矯正治療は年齢的には18才以降を対象にしています。矯正治療は社会的制約(学校や会社の仕事)を受けます。
具体的には、
装置が目立ちたくないのでリンガル矯正治療にしたい
むし歯や歯周病ですでに歯をいくつか失っている
顎が痛い(顎関節症)、顎が出ていたり逆に引っ込んでいたり、顔が曲がっている(顎変形症)
など様々です。
セラミックブラケットと白色ワイヤー(コーティングワイヤー)、リンガル矯正、インプラント矯正、外科的矯正など専門的な高度の知識と技量が治療には求められます。 治療を始める際には費用や通院の条件以外に、より専門性の高い診療所を選択しないと再治療をしなければならない事例が見うけられます。 他の医療機関(大学病院や口腔外科や歯周病の専門医)などとの医療連携も大切です。

あなたに最適な治療法は?

短期間で治療したい
目立たずに矯正したい

インターラクティブ
セルフライゲーション

効率的に動かすために、力があまりかからない時期と力を作用させる時期がありますが、それに対応したブラケットをインターラクティブセルフライゲーションといいます。使用するブラケットは、「自己結紮」矯正装置といい、ワイヤーとブラケットにかかる摩擦力を抑えながら治療をするので、従来の10分の1の少ない力で効率よく歯を動かします。よって、移動させたいポジションまで効率よく歯を動かすことができ、矯正の期間を短縮できるのです。個人差はありますが、インターラクティブセルフライゲーションを使用することによって従来の20~50%ほど矯正期間を短縮します。また、抜歯をせずに矯正をすることができるケースもあります。このように矯正期間を短縮できるため、通常より少ない矯正期間で治療ができるといえます。お仕事やご家庭の事情でできるだけ通院回数を減らしたいという方にはお勧めといえます。

アンカー
インプラントとは

「歯科矯正用アンカースクリュー」と言う小さなスクリュー(ネジ)を歯ぐきの骨の部分に埋入し、歯を動かす時の固定源として用いる方法です。 歯を抜いた後に代わりとして埋め込む「デンタルインプラント」とは異なるもので、 直径は1.4~2㎜前後、長さは6~10㎜程のチタン合金製の微小なネジで、デンタルインプラントのように大きくありません。 矯正歯科治療が終わり、不要になれば抜くものなので、トラブルが少ないのが特徴です。

外科的手術を
併用するケース

2通りの方法を説明します。 1)成人では10代の頃に比べて身体の代謝が低下するので、それに伴い歯の動きは遅くなる傾向があります。これは生活習慣を見直すことで改善可能ですが、それ以外にも種々の原因があります。特に多いのが歯をすでに失ってしまい、動かすべき歯のとなりの骨が少なくなると同時に硬くなっている場合があります。そうしたケースでは外科的に歯の近くの骨表面を削合(幅1mm前後)を行うと抵抗がなくなって歯の移動が早くなります。 2)歯並びは年齢とともに変化します。わるくなることがあっても良くなることはありません。たとえば受け口を子どもの頃に治療をしないで放置すると歯並びばかりでなく、だんだん下あごが前に出てきます。矯正治療だけでも解消できるケースもありますが、顎離断手術(下あごの骨を後ろに動かす手術)を行う外科的矯正治療となります。矯正治療は保険適用になります。