矯正でこんなお悩みありませんか?

  • 装置を⽬⽴たせたくない
  • ⾦属アレルギーが⼼配
  • 痛みをすくなくしたい
  • 取り外しをしたい
  • そもそも装置に抵抗がある

そんな、お悩みを解決するのが、
インビザライン
マウスピース矯正です!

インビザラインについて

インビザラインは透明のマウスピース型の矯正装置で、自由に取り外すことが可能な矯正装置になります。
従来の矯正治療とは異なる治療法で、治療の進行に応じて緻密に設計・作製されたマウスピースを、 2週間ごとに新しいものに交換して治療を行います。少しずつ歯を動かしていくという方法のため、痛みが少ないのも特徴です。 世界ではすでに140万人以上の方がインビザラインによる矯正治療を受けており、日本でも 「取り外し可能」「目立ちにくい」というメリットからインビザライン治療を希望する方が増えています。 「目立つ装置に抵抗がある」「痛いのは苦手」という方は、インビザラインをおすすめします。

マウスピース矯正の
5つの特徴

  • 透明で
    ⽬⽴ちにくい
    薄く透明なマウスピース型の装置のため、装着していてもほとんど気づかれることはありません。
  • 取り外し可能で
    衛⽣的
    インビザラインは取り外し可能で、普段通りブラッシングやフロスの使用ができるので、口腔内を健康に保ちやすくなります。
  • トラブルが
    少ない
    金属製の装置の場合、ワイヤーや留め具が口腔内の粘膜や舌に当たって出血や腫れ、口内炎を引きおこすことがありましたが、インビザラインは口腔内を傷つけることはありません。
  • ⾦属アレルギー
    でも安⼼
    金属製の矯正装置の場合は金属アレルギーを引きおこす可能性がありますが、インビザラインはポリウレタン製なので金属アレルギーのリスクはありません。

マウスピース矯正と
その他の治療法との⽐較

インビザライン ワイヤー矯正
種類 マウスピース矯正 唇側(歯の表側)
メタルブラケット矯正
舌側(歯の表側)
リンガル矯正
イメージ
見た目 薄く透明なため、違和感も少なく
目立ちにくい。
非常に目立つ。 目立たない。
取り外し 簡単に取り外しが可能。 不可。 不可。
虫歯のなりにくさ × ×
治療費用 メタルブラケットと
あまり差がなくお手頃。
視覚的安価 特殊な矯正のため、治療費は高額。
衛生面

インビザライン矯正であれば、マウスピースがいつでも着脱可能。今までと変わりなくホームケアも行えるだけでなく、見た目も気にならず、笑顔に自身を持っていただけます。

ワイヤー矯正は硬いものを食べた場合に装置が外れたり壊れたりするリスクがあり、普段のブラッシングも難しくなるため、お口の中を清潔に保つことが難しくなります。

マウスピース矯正の流れ

当院のマウスピース矯正(インビザライン)の治療の流れをご紹介します。
steps1

カウンセリング

現在の症状やその原因を見定めて、治療法のご提案や費用などの説明をいたします。ここでもし気になる点やご不安なことなどがありましたら、お気軽にご相談ください。個室のカウンセリングルームにてお話しをするので、プライバシーにも配慮しています。
steps2

精密検査

治療計画を立てるための検査を行います。レントゲン撮影や歯型の採取など、治療に必要な患者様の資料を揃えてiTeroにて口腔内をスキャンして、3次元の治療シミュレーションを行い、それをもとに治療開始から終了までの綿密な計画を立てていきます。それをクリンチェックと呼びます。 これにより歯の傾きや動きをチェックして、治療ゴールを決定します。このクリンチェックをもとにマウスピースをつくります。
インビザラインのマウスピースを作製するにあたって、『iTero Element(アイテロ エレメント)』という3Dスキャナーで採取します。
光学スキャンするため、従来のシリコン印象などより身体的な負担は軽減されますし、より精密な印象を採取することができるようになります。
steps3

検査結果のフィードバック

検査結果をもとに、治療計画を立案しそちらを患者様にご説明いたします。そして治療計画にご了解いただきましたら、マウスピースを発注しますが、その前に虫歯の治療が必要な方は矯正治療に入る前に一般歯科治療を行います。
steps4

インビザライン治療開始
(約半年〜3年)

透明なマウスピースを装着し、歯をより正しい位置に導きます。美しい歯並びと良好なかみ合わせに段階的に整えていきます。マウスピースは治療開始から終了までの段階で、全部で7〜40個ほど作られ、5日~2週間に1回交換して順番に装着していきますので、治療開始前に終了までのおおよその期間が分かるようになっています。
steps5

メンテナンス・保定期間

矯正治療で整えた歯は、装置を外した直後は元に戻ろうとする性質(後戻り)があります。整えた歯が後戻りしないように、保定用のマウスピースで歯を固定するのが保定期間です。この期間は数カ月~数年かかることもあり、個人差があります。

矯正専門医による治療

message

院長の渡辺洋一です。

インビザライン(マウスピース型矯正装置)は歯の矯正をしていることを気づかれにくい「目立たず」「透明に近い」「取り外しが可能」な歯の矯正治療方法です。職場や学校でも人の目を気にすることなく治療ができます。あなたも美しい歯並びになって快適な生活をエンジョイしてください。
院長 渡辺洋一

※完成物薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。